妊娠 引っ越し 手順

妊娠した時の引越しの手順

引越し 妊娠 手順

 

引越しの手順には沢山の工程がありますから、おおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者を決めてしまいたいですよね。
しかし正確な見積もりを出すには、新居が決まってからでないと難しいのです。
なぜなら引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わるからです。

 

まずは新居を決めて、その後ですぐに見積もりを依頼するのがオススメです。

 

そして引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わりますので、引越しまでにできるだけ荷物を減らしましょう。。
荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、引越しの費用が当然高くなるのです。
不用品はどんどん処分して、荷物を減らして使わないものから梱包していきましょう。

 

妊婦さんですと普通よりも倍の時間がかかりますから、体調を見ながら早めに始めてくださいね。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出しておきましょう。引越しの2週間前から提出することができます。
出し忘れると提出しに戻ったり、連絡して郵送してもらって送り返すなどの手間がかかり負担が大きいです。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

引越し2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらいましょう。
手続きの方法は各会社で異なります。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配しておくと無駄がありません。

 

引越ししたら郵便物が届かなくなったというのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この間に「引越ししました」という連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。
出産のお知らせと一緒にしてもいいかと思います。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具や家電の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いておくと便利です。
貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

あと母子手帳や保険証・出産の準備の用品などは別にまとめておいてくださいね。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなた転入届を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも連絡を。
忘れると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。

 

緊急帝王切開の場合は医療保険から保険金が降りる場合もあるので、連絡を忘れないようにしてくださいね。