妊娠 引っ越し 費用

妊娠時の引っ越し費用を簡単に格安にする方法

妊娠 引越し

妊娠 引越し 価格

妊娠 引越し 安い

妊娠 引越し 相場

 

妊娠中に引っ越しをする妊婦さんは結構います。

 

子供が出来たタイミングでマイホームを購入する人や実家の近くに引越しする人、家が手狭なのですこし大きな物件に引越しする方など理由は様々です。
しかし、妊娠すると自分の思うように動くことができません。

 

荷造りをしようと思っても、急な貧血やめまいでずっと横になっていたり、お腹が張って動けなかったり、とにかく眠かったり。

 

妊娠中は自分の体すら計画的に動きませんので、初めから無理をしない引越し方法を考えましょう。

 

一番オススメなのはやはり「引越し業者のおまかせパック」です。
荷造りや荷解きまですべて引越し業者のスタッフがやってくれるプランです。

 

妊婦さんや小さいお子さんがいるご家庭、仕事が忙しくて荷造りをする暇がない方などに人気です。

 

気になるのは費用ですが、それなら引越し業者一括見積もりで見積もりを取って比較してみましょう。
おまかせパックをやっている業者、そしてそれらの費用の相場や最安値も簡単に見つけることができます。

 

妊娠 引越し おまかせ

 

 

おまかせパックにも注意点があります。

 

妊娠引越し

 

お金、貴金属、高級品はもちろんパソコンや写真、ゲームのデータ、形見の品などの貴重品、人に見られたくない下着やプライベートな趣味のものは自分で運びましょう。
引越し業者は保険に加入しており、家具家電を破損した場合は保険で弁償することが出来ます。
しかしお金や貴金属は無くなったことの証明が難しいこと、データ類はお金では解決できないことなどから、自分管理がオススメです。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

妊娠時の診察と補助券

 

妊娠 引越し 補助券

 

妊婦するとまず産婦人科で診察を受け、妊娠と認められたら市役所にて母子手帳を交付されます。
そのときに健診の補助券が一緒に渡されます。

 

この補助券によって本来全額自己負担となるはずの診察料が無料になります。助かりますね。
補助券の枚数や受けられる検査などは自治体によって違います。

 

では引越しをするとこの補助券はどうなるのでしょうか?
まず同一市内での引越しであれば、補助券はそのまま使うことができます。

 

しかし近隣の市の場合は、使えるケースと使えないケースとがあります。
それは病院によって対応が違うので、病院の窓口でお問合せください。

 

近隣でない市外の引越しであれば補助券を使い続けることはできません。
補助券を新しい市町村役場で交換してもらう必要があります。
念のため前の補助券もお持ちになって手続きに行ってください。

 

補助券の内容は市町村によって異なりますので、今まで無料だった検査が有料になるケースがあります。
お間違えないように。

 

里帰り出産の場合はどうでしょう?

 

里帰り出産は一時的な引越しですから補助券を交換してもらう必要はありません。
しかしその補助券はやはり使えず、里帰りの間は全額自己負担となります。
そして出産後に家に戻ってから市町村役場で補助券と里帰りで使った費用の領収書を持って行けば、一部返金されるケースもあります。

 

出産後1年以内の手続きを行ってください。

 

詳しいことはお住いの市町村役場の窓口で確認してくださいね。

 

 

産院を変える際の紹介状

 

妊娠 引越し 紹介状

 

引越し先にある産婦人科をまず調べて、新居から通える所をピックアップし、産婦人科の情報や評判なども調査しましょう。

 

しかし産婦人科が決まっても妊娠周期によっては余裕がなくて、出産予約に空きがないかもしれませんので、電話で確認してくださいね。
妊婦さんの数に対して産院が足りていないので、急な転院を受け入れられない産院もあるのです。

 

引越し後に通う予定の産婦人科が決まったら、主治医の先生に紹介状を書いてもらい検査結果などももらえないか聞いてくださいね。

 

大学病院や市立病院などの大きな病院に通う場合は、紹介状がないと診てもらえないか初診時に5000円ほど余分に取られることがあります。

 

紹介状を書くのは診察後になるので、だいたい1週間程度はかかると思ってください。
引越しが決まったらまず、産婦人科探しと紹介状の手配を早めに行ってくださいね。

 

引越し先の産婦人科が決まっていない場合は「担当医先生御侍史」などの宛名で書いてもらうといいですよ。
今は産婦人科の数が少なくなっていますので、急な患者を受け入れできなところも多いのです。

 

直接診察に行く前に電話をして、引越しをすることや現在妊娠何か月であることなどを伝えて対応してくれるところを探しましょう。

 

 

陣痛タクシーに登録しましょう。

 

妊娠 引越し タクシー

 

東京23区周辺の地域、埼玉県などには「陣痛タクシー」や「マタニティータクシー」があります。
最近では全国にも広がりつつありますが、ご存知ですか?

 

事前に妊娠情報を登録しておけば、365日24時間専用回線で対応してくれる安心のサービスなのです。
都内の陣痛タクシーのドライバーは全員が助産師さんによる講習を受けており、万が一の時にも対応できるようになっています。
登録者数は認知度とともに年々上昇しており、実際に陣痛タクシーを使った方も登録者数の3〜4割となっています。

 

住所の登録、出産予定の産院を事前に登録しておくことで、陣痛の時にスムーズに病院に向かうことができます。
陣痛の時は傷みで産院の名前や場所も吹っ飛んでしまうことが考えられます。

 

もちろん陣痛以外に病院への定期検診で使うことも可能ですよ。
もし搬送中にシートを汚してしまってもクリーニング代などの費用は請求されません。

 

陣痛タクシーの対象区域にお住いの方は、とても心強い味方となりますのでぜひ登録しておくと安心ですね。

 

 

出産育児一時金制度とは

 

妊娠 引越し 手続き

 

出産育児一時金制度とは、健康保険や国民健康保険などの被保険者やその被扶養者が出産した時に一定の金額が支給される制度です。
出産に要する経済的負担を軽減するものです。

 

支給額は42万円(在胎週数が22週に達していないなど、産科医療補償制度加算対象の出産ではない場合は40万4千円です。
※双子であれば倍の84万円が支給されます。

 

受取る方法は、@直接支払制度とA受取代理制度B産後申請方式があります。

 

@直接支払制度:出産育児一時金の請求と受取を妊婦などに代わって医療機関等が行う制度です。出産育児一時金が医療機関等へ直接支給されるため退院時に窓口で出産費用を全額支払う必要がありません。

 

A受取代理制度:妊婦などが加入する健康保険組合などに出産育児一時金の請求を行う際、出産する医療機関等にその受取を委任することにより、医療機関等への直接出産育児一時金が支給される制度です。小規模の医療機関の場合はこちらになります。

 

B産後申請方式:上記の@もAも利用せず、とりあえず産院へは自費で支払い出産後に申請する方法です。領収書・明細書と代理契約に関する文書の写しなどを添付して、出産育児一時金の支給申請を行います。

 

出産にかかった費用が42万円を超えた場合は差額を支払い、42万円を超えなかった場合は差額分が戻ってきます。

 

 

2人目出産・上の子の預け先は?

 

妊娠 引越し 2人目

 

2人目の出産の際に切実となるのが、上の子をどうするかという問題です。
小学生以上であれば問題ないのかもしれませんが、保育園児・幼稚園児・それ以下だった場合はなかなか大変です。

 

どんな方法があるのか考えてみました。

 

・実家にあずける。
・義実家にあずける。
・旦那さんが育休を取ってみる。
・自宅に母・義母などに来てもらう。
・兄弟の家にあずける。
・保育園の一時利用を使う。
・病院の託児所を探す。
・ファミリーサポートを使う。
・ベビーシッターを雇う。
・助産院で上の子も一緒に宿泊できるところを探す。

 

実家や義理の実家、兄弟の家などが近ければまだ何とかなる術がありますが、実際はそうでない方も多いです。
そんなときは保育園の一時保育を利用する、ベビーシッターを雇う、ファミリーサポートなどを利用するなどの方法が考えられます。

 

お子さんを見てもらう時間によって費用が変わりますが、総額にすると結構高くなります。
しかしそんなことは言っていられない緊急事態ですから、お金で解決するのであれば良いと思います。

 

実際、田舎なのでファミリーサポート制度がない・ベビーシッターの応募もないというところもあります。
そういう場合は里帰り出産や家族で宿泊できる助産院を探すなどしなければなりません。

 

どの方法を取るにしても自分だけでは決められない問題です。
旦那さんやおとうさん、おかあさんなど多くの人と話し合って決めましょう。

 

入院するのは1週間程度ですから、みんなに協力を求めて乗り越えてくださいね。